読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちこママの子育てスタイル

子育てに関する悩み、勉強、教育、つくおきレシピなど、生活を豊かに楽しくするわたし風アイディア

タブレット学習で変わる家庭学習の習慣!スマイルゼミ版エドテックは2020年問題にも対応できる!?

子育て 教育

f:id:maki-risa-koko:20170215174528j:plain

1月に放映された、NHKクローズアップ現代見ましたか?

テーマは「ハーバードはもう古い!? ~エドテック~教育革命 最前線~」でしたね。

何気なく目にした私ですが、「江戸テック?」「エドサリバン?」などと頭の中は?ハテナ?でいっぱい。

 でも、日本酒を片手に何気なく見ていると、「これってうちの子がやっているスマイルゼミのことでは!」とつい前のめりになってしまいました。

だって、うちの子スマイルゼミで予習して、学校の授業で復習しているんですよ。

それで、スマイルゼミに付いているドリルで、漢字や計算を一生懸命マスターしているんですよ。たぶん、ほとんど一緒ですよね。

おかげで以前は、一所懸命やっても「3」止まりだった通信簿が、今では「4」以上と、成績も大幅にアップしました。

 

今までの家庭学習

f:id:maki-risa-koko:20170302141615j:plain

小学2年生になって遊ぶことに夢中すぎて、全然勉強をしようとしなかったわが子。

1年生のころは無邪気に外で鬼ごっこやかくれんぼをして遊んでいたのですが、2年生になったころから、友達とゲームで遊ぶようになったんです。

校庭の隅に数人で集まって、ゲームを通信モードにして、遊ぶんです。

放課後、友達と遊ぶのに、コンピューターで通信ゲーム? 母はなんだか寂しい…。

せっかくなら体を使って遊んで欲しい! との父母の希望から、わが家ではゲームはしばらくの間、お預けとなったのです。

思えば、ゲームの勉強ソフト「わくわく1年生」から始まり、たくさん買い与えてみましたよ~。

◆小学校1年生向きゲームソフト

  • 計算ドリル
  • 空トレ
  • やわらか頭塾

でもダメでした。惨敗です。

小学校1年生の夏休み明けまでは夢中で取り組んでいたのですが、なにより画面が小さいし、解けないと何故かすぐにあきらめて投げ出していました。

結果、成績は横ばいでした。

 

通信制タブレット学習のメリット

どうしよう。と考えた私が導き出した答えは、数年前から、何かと話題の「タブレット学習」でした。

紙みたいに家の中が散らかることもないし、親がいちいち見て、丸つけする必要もない。

こんな、楽ちんなことないですよね。

最近のタブレットは画面も大きくて、使いやすいんです。

通信制タブレット学習には、他にもメリットがあります。

何より、私にとってうれしかったのは、送り迎えの時間がないことや先生との相性に気を使って、塾を選ばなくてはいけないこともないからです。

息子は人見知りのところがあって、知らない先生には馴染めず、悩んでいたのです。

通信制タブレット学習のメリット

  • 月謝が安い
  • 送り迎えの時間がいらない
  • 塾の先生との相性に悩まないでも大丈夫
  • ペーパーレスなので環境にやさしい!?

 スマイルゼミの体験会へ行ってみる

f:id:maki-risa-koko:20170207141202j:plain

せっかちな私は、ホームページで調べて、早速、体験会に出かけたのでした。

デパートのおもちゃ売り場の一画に特設されていた、スマイルゼミの体験会。

それとなく、前を通って、息子に「うわ、面白そう、これやってみない?」と声をかけたのでした。

すると、即答でうれしそうに「うんっ」とのこと。

母「やった!」と当然、ガッツポーズですよね。

私は営業の人から話を聞きながら…、息子はかれこれ1時間はたっぷりと、初タブレット学習体験していました。

帰り際の電車の中で、感想を聞くと、「面白かった、やってみたい」というではありませんか。

よしよし、やってみよう~。ということでスマイルゼミを始めたのです。

 

漢字はなぞり書き学習で問題なくクリア

f:id:maki-risa-koko:20170207141214j:plain

今までは学校の漢字の練習をするのに、書き順がわからなかったりすると、タブレットで筆順(書き順)を見せてやらせていました。

でも、スマイルゼミなら、漢字の成り立ちから、書き順、読み方まで一通り教えてくれるので、道具を多用することが少なくなりました。

特に漢字コレクションは、何回もやることによってメダル色が 普通→銀→金 に変わるので、ゲーム感覚で楽しめているようです。

妖怪ウォッチのメダルみたいなんですよ。

読解問題も録音マイクがついていて、夢中で勉強or遊んでいます。

 

スマイルゼミに決めた理由はドリルがやり放題でお得感満載だから

わが家の教育方針は、お金をかけないで、自発的に学習習慣を身につけてほしい…です。

教科書に沿った学習内容で、予習復習が簡単に、しかも、本人のやる気さえあれば、漢検ドリルと計算ドリルを学年の制限なく、好きなだけできるというところがとても気に入りました。

しかも、スマホを欲しがっていたわが子にとって、自分専用のタブレットはかなり重要なようでした。

 

頑張るごとにポイントが貯まってゲームができる

スマイルに加入するまでは、ゲームをやる時は、時間を決めてやらせていました。

それでも、守らせることは正直難しかったです…。

ところがスマイルゼミに入会してからは、漢字ドリルや計算ドリル自体が、本人的には、ゲームのような感覚になっているようで、これ以外のゲームをすることがなくなってしまいました。

ペーパーからタブレットに形が変わるだけで、こんなにやる気スイッチが「ON」になるなんて、ほんと想定外でした。

実は、他社との比較で一番気になっていたのが、このゲームなのですが、今のところ、わが家では問題になっていません。

ゲームのポイントが消化しきれないので、私が夜中ストレス解消にやっています。

画面が大きくて、最近小さい字が読みづらくなった私に丁度いいサイズです。

 

ときどき親子で対戦ゲームで遊びます

f:id:maki-risa-koko:20170207141229j:plain

1人で集中して勉強するのも大切ですが、夕食後にアイスを食べながら、時には親子で対戦形式で計算を楽しんだりもします。

負けず嫌いなわが子は、1人の時よりも夢中になるようで、勝つまで何度もやるようにせがまれます。

ある意味、うれしい悲鳴ですよね。

 


小学生向け通信教育|スマイルゼミ 小学生コース

そんな、軽いノリのタブレット学習ですが、希望すれば中学入試に備えた発展クラスもあるようです。

今はまだ、毎日15分間の学習習慣で満足していますが、機会があれば考えてみようかなと思っています。

スマホで操作できる「みまもるネット」がついていて、共働き家族にも、安心でおすすめの教材ですよね。

広告を非表示にする