読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちこママの子育てスタイル

子育てに関する悩み、勉強、教育、つくおきレシピなど、生活を豊かに楽しくするわたし風アイディア

子供に人気の習い事ピアノを始めるなら家レッスンで好きになるのが大切

f:id:maki-risa-koko:20170224122052j:plain

頭のいい子が育つ習い事として人気の「ピアノ」は、教育熱心な家庭の習い事として男女ともに人気ですよね。

その理由として、両手を同時にしかも別々に動かすことによって指先にまで神経回路が行き届き、脳の動きが良くなるといわれていることがあげられます。

右脳と左脳がガッチリつながるんだそうです。

さらに楽譜を覚えることで暗記力が高まるとも言われています。

受験にバッチリ! 東大生に人気の習い事として有名なのも納得ですよね。

でもその反面、親が家で子どものピアノの練習に付き合うのは、とっても大変なことです。

ピアノの練習のためにイライラして親子関係が悪くなったりでもしたら、反対に脳に大きなダメージを与えそうで怖いですよね~。

実際に私の友人は、母親がピアノの先生で、練習が足りなく上手に弾けないとピアノのふたが手の上に落ちてきた!そうです。

おーこわ。

それがトラウマになって、今もピアノが好きになれず、孫ができた今でも親子関係が上手くいかないそうです。

しかも友人は教育熱心なママだけど、今も子どもにピアノを習わせていません。

子育てってほんと、難しいですよね。

そこで、幼少期のうちはお家でのんびりとピアノを叩いて遊んでみましょう。

本格的に習うのは小学生に入ってからでも遅くありません。

まずはピアノが嫌いにならないようにすることが大切です。

いつまで続くかわからない習い事のために、教室に通ったり、立派なピアノを用意したりするのは、経済的にも大きな負担ですよね。

お金をかけないでピアノが好きになるステップアップ法を教えちゃいます。

 

ひとりでもレッスンできるピアノレッスン

本屋の子どもコーナーに行くとたくさんの「ピアノ絵本」が並んでいますね。

どれも似たような商品で子どもの好きなキャラクターを選んで購入するのが一般的ですよね。

男の子はトーマス、女の子はキティちゃんと言ったところでしょうか?

でもわが家は、節約志向!なのでかなりの時間、本屋で見比べて厳選しましたよ。

そんな私が選んだのがこのピアノ絵本です。

ひとりでひけた!たのしくレッスン!ピアノえほん

この本のいいところは、ひとりでレッスン出来るように練習ボタンが付いているところです。

1本の指で「ドドド」を弾くところから、5本の指で低い「ド」からたかい「ド」までを弾くレッスンボタンがついています。

イラスト付きでわかりやすく、「ドレミファソラシド」さえ読めれば小さな子どもでも1人で練習できるようになっています。

わが子はわがままで、なかなか思い通りにいかないことが多いのですが、これは1人で練習して、基本的な指の使い方を覚えていました。

「ママできた!聞いて!ブンブンブン~、ハチがとぶ~♪」機嫌がよくて扱いやすいです。

親が口出ししなくてもいいので、ケンカにもならないし、超らくちんです。

 

ミニキーボードで 両手ピアノレッスン

片手で弾けるようになったら、次は両手で練習してみましょう。

利き手でない方の手を思い通りに動かすことができるようになると、より脳にいい影響を与えることができますよ。

ママのサポートが必要なときはYouTubeの動画を参考にして声掛けしてみましょう。

ポイントは常にほめることのようですね。

ほめて、ほめて、ほめまくれー!

月謝代を思えば、自分の感情を押し殺し、短時間の間だけホステスに徹っすることなど、何ともありません。

www.youtube.com

カシオ 電子ミニキーボード 32ミニ鍵盤 SA-46 ブラック&グリーン

カシオ 電子ミニキーボード 32ミニ鍵盤 SA-46 ブラック&グリーン

 

 

ナビゲーション付きピアノキーボード

私はとにかく子どもの世話をやくのが面倒なので、徹底的に人工知能に頼ってしまおうと思います。

これ鍵盤が光って次に弾くところを教えてくれる、ピアノキーボードなんです。

しかも収録曲は童謡やアンパンマンドラえもんプリキュア、クラシックな曲まで、100曲以上のナビが搭載されているんですよ。

マイクも付いているので、カラオケ代わりにも楽しめるのがつい購入を後押ししてしまう、うれしい理由でもあります。

実際にうちの娘は購入してしばらくの間、マイク片手にハイテンションに歌いまくっていました。

しばらくしてから、鍵盤のライトが気になりだしたようで、必死で指追いしています。

曲の速さも調節できるので自分のペースでできるのもいいのかもしれないですね。

 

本格的に続けたい場合は足つき電子ピアノがおすすめ

これ以上ピアノを弾きたい! 

音にこだわりたい! 

音大を目指したい!

という人は足つきの本格的なピアノの購入がおすすめです。

そんな時でも電子ピアノなら調律の必要もないし、お手入れもラク!

何より引っ越しや騒音に悩まされることもありません。

ヘッドフォン付きの電子ピアノが現代の定番になりつつあります。

それ以上のクオリティを求めるお子さんには、子供自身にでアルバイトして購入させることをお勧めします。

何でもかんでも親が簡単に買い与えてしまってはダメですよ!

これからの時代、自分でつかみとる覚悟がないとこの先やっていけないですよ。

…って、最近子育てをしていて思います。

広告を非表示にする